着なくなった着物を処分する方法

着なくなった着物の処分方法をご紹介

着物をリメイクする方法

着なくなった着物がタンスに眠ったままという方も多いのではないでしょうか。
高額な品ですからゴミの回収に出すのは気が引けますし、かといって周りに差し上げる方も見つからないという場合は、本当に困ってしまいますね。
面倒くさくてついタンスに入れっぱなしになってしまうというのも無理のないことです。
しかし、着物は定期的にお手入れをしないとどんどん劣化してしまいます。
着物はきちんとたたみ、湿気を避けて、防虫剤や乾燥剤を添えて保管しておくことが大切だと言われていますが、長年タンスに入れっぱなしにしておいて、知らないうちにしわやシミができていた、虫に食われていたという方もいらっしゃると思います。
劣化の程度がひどい着物は、もうゴミとして出すしかなくなってしまいます。
大切な思い出が詰まった着物や、高いお値段だった着物がゴミになってしまうなんて、とても悲しいことですね。
そうなる前に思い切って、着なくなった着物を処分してみませんか?
着物は場所を取りますから、タンスの整理をすることで広い収納スペースを確保できます。
空いたスペースに他の洋服や小物をたくさん移し替えることができそうですね。
その上処分することで、思わぬ収入も期待できます。
着物好きな方であれば、入ってきたお金で新しい着物を買うこともできます。
しかし、着物の処分と一口に言っても様々な方法があります。
主なものは、リメイク、ネットでの販売、業者買取の3つです。
それぞれの方法のメリット、デメリットを正しく把握して、ご自分に合った処分方法を選んでみてください。

リメイクから買取業者まで!着物の処分方法をご紹介

お母さまの形見の着物など、思い出が詰まった着物は処分しにくいと感じている方には、リメイクがおすすめです。 柄や風合いを生かした洋服や小物にリメイクすることで、大切な思い出をいつまでも残しておくことができます。 着物のリメイクの方法を確認しておきましょう。

オークションやフリマで売る方法

ネットオークションやアプリなどを利用して古い着物を処分する方法も今、はやっていますよね。 ただ、個人間の売買が初めての方は不安や疑問点も多いのではないでしょうか。 ネットオークションやフリマのアプリを初めて利用する方に向けて、その方法や注意点を詳しく説明します。

買取業者に依頼する方法

選択肢の一つとして、専門の着物買取業者に依頼する方法もあります。 一般の方にはなかなか分かりにくい着物の価値も、専門業者ならば正しく査定してくれますので、思わぬ高額で買い取ってもらえる可能性もあります。 買取業者に依頼する際の方法や注意点を知っておきましょう。