買取業者に依頼する方法

買取業者の選び方

まず大切なのは、着物専門の買取業者に依頼することです。
不用品を何でも買い取ってくれる業者は便利ですが、着物の査定の専門家が在籍している可能性は低いので、二束三文の値がつけられてしまうこともあるからです。
次に大切なのは、1つの買取業者だけでなく、複数の買取業者を比較してみることです。
いろいろな買取業者のホームページを読んだり、比較サイトなどを読んだりして検討してみてください。
そして気になる業者が見つかったら、お気に入りに登録しておきましょう。
その上で、買取実績が高く、口コミの評判の良い業者を選ぶのがコツです。
分からないところはメールや電話で気軽に尋ねてみましょう。
この時に質問に明確に答えてくれない、あるいは買取をしつこく勧めてくるといった業者は避けておかれる方が賢明です。

気になる買取金額は?

着物は年代、材質、デザイン、保存状態などによって買取金額は大きく変わります。
振袖などニーズが高い着物や絹100%の着物、有名産地の着物などは高額査定が期待できます。
ある買取業者の相場を調べてみると訪問着、振袖、付下げは10000円、色留袖8000円、紬7000円、黒留袖6000円などとなっています。
人間国宝の作家の着物は10万円以上の買値がつくことも多いようです。
しかし、どんなに元が高額な良質の着物であったとしてもシミや汚れがひどいものは買取金額が0円になってしまうこともあります。
着物専門の買取業者だからといって、全ての着物を高額で買い取ってくれるとは限りませんので、そこは注意が必要ですね。
買取業者に着物の処分を依頼する場合は、お店に持ち込む方法、宅配便で送る方法、出張買取を依頼する方法がありますので、ご自分の好みに合わせて選ぶことができます。